【Apps調査隊】Googleドライブのホワイトリストについて調査せよ

Apps調査隊の周です。

セキュリティ上、基本的にGoogleドライブの共有は社内に限定されていると思いますね。社外へのデータ共有はメールを通じることが多いですが、会社や学校内のユーザーが外部のユーザーと特定の Google サービスを使って共同作業ができたら便利ですね。
実は、Googleドライブの外部共有をオンにしなくても外部ユーザーと共有する方法があります。信頼する組織のドメインをGoogleドライブのホワイトリストに登録して共有アクセス権を付与することで、その組織内のユーザーと Google ドライブを使ってファイルを共有できるようになります。

信頼するドメインをホワイトリストに登録するのも簡単です。
*本機能は G Suite Business 以上ご利用頂けます。

1.管理コンソールから [ドメイン] にアクセスします。

2.[ホワイトリスト登録済み外部ドメイン] をクリックします。
ホワイトリストに登録したい信頼するドメインの名前を入力し、[追加] をクリックします。

3.[アプリ]→[G Suite]→[ドライブとドキュメント の設定]で[ホワイトリスト登録済みドメイン]を選択します。

また、サブドメインやドメイン エイリアスはドメインのホワイトリスト登録時に含まれないため、必要に応じてそれらを個々に追加する必要がございます。

このGoogleドライブのホワイトリストを利用すれば、しっかりとしたポリシーを持った上で、社外公開や一般公開にしなくても社外のユーザーと共有ができます。

ご注意頂きたいのは、本機能はIPアドレスを登録するGmailのホワイトリストとは別物になりますので、Gmailには影響しません。

カテゴリー: Apps調査隊, G Suite 管理機能, Googleドライブ  |   パーマリンク   |  

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ先
日本事務器株式会社
お問い合わせ
ページトップに戻る