ビジネススタイルに合わせたクラウド型サービスへの転換と資産、管理コストの削減

既存グループウェアからG Suiteへ切り替えを行い、資産の負担や管理工数の軽減が実現。外出先でも情報の共有が可能になりました。

導入の背景・課題

長年メール、グループウエア利用してきたが、更新時の費用負担、今後も継続するには管理工数が問題となっておりました。また、社長から今のビジネスシーンに合わせたモバイルからの利用を前提に検討するように指示が出ているところ、NJCからクラウド型のG Suiteをご紹介しました。

NJCを選択した理由

社長が早急な導入を希望しておられる中、NJCであれば自社導入経験を生かした早期利用開始が可能とご判断頂きました。また、今までの営業、サポートの実績から安心感からNJCを選択いただきました。

導入時の工夫や苦労話

G Suiteを安全に利用するために社員、店舗店員など雇用体系が違う利用者ごとのアクセス制御など環境構築を短期間で実現がしなければならない事が難関でしたが、お客様、NJC協力しての構築、サポートで早期の立ち上げが実現できました。

導入の効果

社長が要望されていましたどこからでもメール、社内情報の確認を出来るようにしたいとの要求は、スマートフォン、携帯電話の有効活用により促進されたとの事です。
デザイン画像などの大量のメールが社内、店舗、外出中も取り扱うことが出来るようになり、情報の流通、共有がスピードアップされたそうです。
また、今までシステム管理者がスパム対策を行っておりましたが、G Suiteを利用してからは全く気にすることなく仕事に従事できているとのことです。
お問い合わせ先
日本事務器株式会社
お問い合わせ
ページトップに戻る